読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴猫の八兵衛・放浪記  飼い主の影響で旅するにゃ

ご主人様が歴史が好きで、付いてくうちに、楽しくなってきたにゃ!みんなも一緒に歴史の旅にでるにゃ〜♪

MENU

江戸城無血開城はお寿司をつまみながら:蛇の目寿司

さて、山岡鉄舟の働きにより実現した幕末のターニングポイントといえば、
新政府軍代表・西郷隆盛徳川幕府代表・勝海舟の会談

西郷隆盛の肖像画勝海舟の写真

 

 

西から進軍してきた新政府軍は、いよいよ徳川幕府の本丸・江戸城まで、その標的にします。
「抵抗を続けると、江戸城を総攻撃するけどどうするの?」
いわゆる、江戸城無血開城の話合いです。

 

このヒリヒリした話し合いでも、やっぱり人間。
腹は減るので、途中で寿司の出前を取っています。

 

 

この時に注文を受けたお店が、新富町の蛇の目鮨

蛇の目鮨(新富町)

ちなみに西郷さんは巻物を食ったそうです。
もぐもぐ。

今でも営業されてるので、無血開城気分で巻物を食べるのも乙かもしれません。

余談ですが、
コンビニでもよく売られているいなり寿司と巻き寿司のセットを「助六寿司」と名付けたのは、このお店の先代です。

 

 

江戸城無血会談時に鮨の出前があった
蛇の目鮨 ランチにぎり900円なり。