読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴猫の八兵衛・放浪記  飼い主の影響で旅するにゃ

ご主人様が歴史が好きで、付いてくうちに、楽しくなってきたにゃ!みんなも一緒に歴史の旅にでるにゃ〜♪

MENU

赤穂城 (No.60)

赤穂城の築城は早く、もとは赤松氏の一族の岡宏光という人物が始まりとされ、当時加里屋城と呼ばれた。その後、赤穂は宇喜多領となり、1600年姫路藩主の弟池田長政が赤穂に入り、赤穂城の前身とされる大鷹城を築城する。 赤穂藩池田家の変遷とお城 4代…

源平合戦のその後・入水した平氏がここにいた。

平経盛隠棲伝説の地 鳥取県若桜町の国道29号線沿いに落折という地名がある。 ここのパンフレットによると 落折集落は平成25年現在の戸数は15で、全戸が「平家」姓を名乗っています。明治以前は「平」姓を名乗っていたそうですが、明治初期に平民の苗字使用…

逃げ切った村重のその後・・・。

いや〜。村重すごいっ!逃げの精神力ハンパない! でも、そもそもなんで謀反を起こしたのか? ↓ 以下はウワサだけど、下克上の時代。こき使われるより使いたいよね。 ①信長のパワハラ?本願寺担当の村重は、なかなか本願寺が落ちなくて信長をイラつかせてい…