読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴猫の八兵衛・放浪記  飼い主の影響で旅するにゃ

ご主人様が歴史が好きで、付いてくうちに、楽しくなってきたにゃ!みんなも一緒に歴史の旅にでるにゃ〜♪

MENU

『真田丸』キャストでみる戦国関係図。

戦国時代は特に関係図でみると、イメージしやすい!ということで、
今回は「真田丸」のキャスト関係図で進めましょ!(全てNHKさんより)

①1回(物語の始まり)
真田幸村の父の時代:いろいろあってこの頃は武田に仕えていました。
信玄が亡くなり勝頼になったとたん、諸国が武田の領地に攻め込んできます。
その頃、織田の勢いが凄まじく、恐れた武田家臣達がとった行動は・・・

f:id:quucyan:20160714145926p:plain

                          <関係図はNHK真田丸より>
武田の重鎮2人の離反が大きな痛手となり勝頼破れ死ぬ。
筆頭・穴山梅雪が以前から内通していた徳川の調略で織田側に。
(家康の信頼は得られず、お互い腹の内を隠しながらの関係に)
親類・小山田信介が命惜しさに、主君勝頼を自分の城に呼ぶ道中で見捨てて織田側に。
織田信忠に忠誠を誓うが、武田家への不忠を咎められ斬首される)
                              ↓その頃の武田家。勝頼いい人だったのに・・・

      f:id:quucyan:20160219090911p:plain

②4回目以降(新たな主君探し)
真田幸村の父・昌幸は、主君を自らの城(群馬県岩櫃城)での籠城準備を進めていた矢先、小山田が「山梨を捨て岩櫃に行くのか?」と主君を問い詰め岩殿城に誘い、道中で見捨てるという作にでた。見捨てられた勝頼は、織田方の兵に殺されてしまう。
主君を失った昌幸は、北の上杉か?東の北条か?西の織田か?南の徳川か?模索する。
僕なら・・・信長怖いから同盟くらいの徳川かな〜上杉さん忠義には厚くても柔軟に行動してくれなそう。
ちなみに、幸村のお姉さん松の旦那は小山田一族。もう二度と逢えないハズの間柄に。しかし・・・

f:id:quucyan:20160219075410p:plain
③8回目以降(まだまだ主君探し)
信濃の国衆は、就いたばかりの織田が滅び右往左往。上杉か北条か。
今の上杉には信濃を守れるだけの力がない、それより、今勢いづいている北条につく方が得策だということで、続々と北条方に。そんな中、昌幸は・・・上杉に直々に出向き、上杉との同盟をお願いし成立する。やいなや・・・幸村もびっくりな発言が!
さっきまで、同盟を願っていた父が、北条に就くと言う。昌幸のあっちにもこっちにもの態度が信用を無くさなければいいのだが・・・。

f:id:quucyan:20160225181009p:plain

④12回目以降(信繁は人気者)

今回の兼続役、ちょっとキリリとしすぎて、『愛』の文字がイメージ出来ない!てのは、置いておいて(笑)、この回より信繁が他の戦国大名に好かれていく場面が出てきそうな流れ。あっという間に妻との別れがきてしまって可哀想な信繁。
真田VS徳川の合戦!負けて当然の真田は『負ける機がしない』と言える程の秘策に出る
信繁も人質中にもかかわらず、上杉より合流が叶う。

   f:id:quucyan:20160404204543p:plain

秘策⑴信繁が神川の向こうに陣を張る徳川軍をバカにしておびき寄せる。(開戦!)
秘策⑵交戦しながらどんどん城内に引き込む。穴を掘ったり、上からお湯や石を投げる
秘策⑶その頃、信幸が戸石城から敵の後ろを突くため出陣。
秘策⑷神川の上流に堰き止めておいた関を切る。徳川の援軍の遮断。
秘策⑸本丸の昌幸が最後に出て城内の徳川軍に総攻撃!
秘策⑹逃げる徳川軍を、上田に到着した信幸が攻撃!挟み撃ち!で、勝ち〜!

f:id:quucyan:20160404202852p:plain

⑤14回目以降

f:id:quucyan:20160525140727p:plain

⑥大名の関係は、ほとんど動きがないので、豊臣内部の関係図を。
個性豊かなメンバーです。ドラマで利休は、生まれが堺商人ということで、秀吉に隠れて武器を北条に売ったりしていたという流れになっています。
これを切腹が理由となりますが、うわさの利休像は、茶々が依頼して作ったと言ってましたね。幾ら何でも大きすぎる像でしたな〜。そりゃ受け取らんわ。(笑)

f:id:quucyan:20160714143837p:plain

↓これが、うわさの利休像。大徳寺さんが、お世話になっているお礼で作ったとも言われている。が、ドラマでは、置かされていて、どうしたらいいか・邪魔になっている
感じでしたね。現在、大徳寺さんでは見ることは出来ないので、残念です〜。

f:id:quucyan:20160714144939p:plain f:id:quucyan:20160714145413p:plain

 

                                (つづく)

f:id:quucyan:20160114195506p:plain

  関・連・記・事

rekineko.hatenablog.com